ニュース
2013/09/17
GMO NIKKO株式会社へ「planBCD」のプラットフォームの提供を開始。

WEB サービスの UI 改善を簡単に実現できるプラットフォーム「planBCD」を運営する KAIZEN platform Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤憲司、以下 KAIZEN platform)は、GMO NIKKO 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:橋口 誠 以下 GMO NIKKO)へエンタープライズ向けの A/B テスト管理プラットフォームの提供を開始します。

8月より大手企業向けにサービス提供を開始しているA/Bテスト管理プラットフォーム「planBCD」を提供し、GMOインターネットグループ各社の各サービスに向けて、スピーディーにユーザーインターフェース(UI)を改善して行く LPO サービスを展開していきます。

* A/B テスト: いくつかのパターンのうち、どれがより良い結果をもたらすことができるのかを見極めるランディングページ最適化(LPO)の一部のことで、WEB ページ、メールマガジンやバナー広告などに利用されるテストの手法

「planBCD」について

大きな手間がかかるWEBサービスのUIの改善を、JavaScriptのコードを1行入れて頂くだけで、素早くトライ&エラーを繰り返し、コンバージョン率などを高めていくA/Bテストを簡単に実施することができます。

デザイナーが内部にいない場合でも、外部のGrowth Hackerへ自社のUI改善を依頼できる機能を使うと、手間無く簡単に、継続的なUI改善を実施していくことができます。

クローズドβテストの結果では、コンバージョン率が130〜170%改善しました。

ニュース一覧へ戻る