ニュース
2014/03/31
KAIZEN platform 社がシリーズ A で、Fidelity Growth Partners Japan、グリーベンチャーズの VC 2社より総額 $5,000,000 の資金調達を実施。クラウドソーシングによるグロースハック事業を米国へ本格展開を開始

Web サービスの UI 改善を簡単に実現できるプラットフォーム「planBCD」を運営する KAIZEN platform Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤憲司、以下 KAIZEN platform) は、シリーズAを実施し、Fidelity Growth Partners Japan (本社:東京都港区、代表:デービッド・ミルスタイン) 、グリーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:青柳 直樹)の VC 2社より総額 $5,000,000 の資金調達を実施しました。

今回の資金調達で、更なる経営基盤の強化を図ると共に、開発人材拡充やインフラ増強、および海外向けのマーケティング強化を予定しています。昨年8月より大手企業向けにサービス提供を開始している A/B テスト管理プラットフォーム「planBCD」は、おかげさまで提供開始半年でエンタープライズ版の提供社数が30社を超え、様々な EC や Web サービスや広告代理店さまにご利用頂き、大きな成果が出はじめております。
また、昨年11月にリリースしましたオンライン版は、提供開始4ヶ月で500社を超え、世界15ヶ国での利用が開始されています。海外展開をさらに強化するためのサンフランシスコとニューヨークのマーケティング拠点の強化に積極的に投資する予定です。
また、それに伴い Co-founder   CEO の須藤が米国をはじめとする海外事業の立ち上げにシフトし、グローバルでの事業成長を実現する体制を構築していきます。

* A/B テスト: いくつかのパターンのうち、どれがより良い結果をもたらすことができるのかを見極めるランディングページ最適化 (LPO) の一部のことで、Web ページ、メールマガジンやバナー広告などに利用されるテストの手法

「planBCD」について

大きな手間がかかる Web サービスの UI の改善を、JavaScript のコードを1行入れて頂くだけで、素早くトライ&エラーを繰り返し、コンバージョン率などを高めていくA/Bテストを簡単に実施することができます。

デザイナーが内部にいない場合でも、外部の Growth Hacker へ自社のUI改善を依頼できる機能を使うと、手間無く簡単に、継続的なUI改善を実施していくことができます。

クローズド β テストの結果では、コンバージョン率が 130〜170% 改善しました。

Fidelity Growth Partners Japanについて

Fidelity Growth Partners Japan は、日本における FIL Limited (以下 FIL) のベンチャー・キャピタル及びプライベート・エクイティ投資を行う部門です。革新的な企業へ FIL のプリンシパル資金を提供することで企業の成長を加速させます。FIL はアジアにおいて15年超の投資実績を有しており、香港、北京、上海、ムンバイ、そして東京に拠点を設け、アジア地域に積極的に投資を行います。FIL は金融サービス事業も展開しており、資産運用業界におけるグローバル・リーダーとして、英国、欧州、中近東及びアジア太平洋地域の個人投資家や機関投資家に向け、資産運用サービスを提供しています。FIL傘下の資産運用サービスを提供する企業は、フィデリティ・ワールドワイド・インベストメントというブランド名称を使っています。日本においては、フィデリティ投信株式会社及び、フィデリティ証券がサービスを提供しています。

グリーベンチャーズ株式会社について

グリーベンチャーズ株式会社はグリー株式会社のベンチャーキャピタル事業部門として2011年11月に設立され、東京及びシンガポールを拠点に日本及び東南アジア地域における主にシードからアーリーステージの IT 関連企業を対象に投資育成事業を実施してきました。特に既存の業界にイノベーションを起こす革新的なスタートアップ企業に対して、成長資金と事業ノウハウを提供することで積極的な成長をサポートしています。

ニュース一覧へ戻る