ニュース
2014/11/13
Kaizen Platform、サイバーエージェントDMP事業との連携によりオーディエンスに最適化したA/Bテストを実施可能に

WEBサービスのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)が提供するプライベートDMP*1「RightSegment」*2と連携し、オーディエンス*3が保有する属性情報ごとに最適化したA/Bテスト*4を可能にするサービスをリリースいたします。

これまでのA/Bテストではサイト訪問者のデモグラフィックやサイコグラフィックなどの属性とは無関係に実行されるため、異なる属性ごとに最適なページデザインをA/Bテストをすることができませんでした。本連携によりオーディエンスの属性ごとに最適なページデザインをA/Bテストにより見つけ出し、テスト結果に基づいて最適なページデザインをオーディエンスの属性ごとに出し分けることが可能になり、広告からの流入をより効果的にコンバージョンさせることができます。

*1 DMP(データマネジメント・プラットフォーム)とは
広告主様がもつ自社サイトのアクセスデータ。広告配信データ、顧客データ、その他外部サプライヤーのデータを管理し、広告をメール配信や分析調査など様々なデータ活用チャネルと連携するデータ統合管理ツール

*2 プライベートDMP「RightSegment」とは
サイバーエージェント連結子会社である株式会社RightSegmentが提供するプライベースDMP。株式会社RightSegmentは、広告主やメディアにおけるエンドユーザの行動情報や会員情報・広告効果データなどを蓄積、DSPやアドネットワークと連動してユーザの属性(年齢・性別/趣味趣向)や広告接触による態度変容の度合いをベースに高度なマーケティングを行うことが可能になるプライベートDMPを開発・提供。http://www.rightsegment.co.jp/index.html

*3 オーディエンスとは
WEBブラウザのCookieをもとにした 、個人を特定しない形のサイト閲覧者

*4 A/Bテストとは
いくつかのパターンのうち、どれがより良い結果をもたらすことができるのかを見極めるランディングページ最適化(LPO)の一部のことで、WEBページ、メールマガジンやバナー広告などに利用されるテスト手法

株式会社サイバーエージェント

会社概要

会社名
株式会社サイバーエージェント
代表者
代表取締役社長 藤田晋
所在地
東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト
設立
1998年3月18日
資本金
7,203百万円 (2014年6月末現在)
事業内容
Ameba事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、メディアその他事業、投資育成事業
URL
https://www.cyberagent.co.jp/

ニュース一覧へ戻る