ニュース
2015/07/08
Kaizen Growth Drive 2015(Kaizen Platform 主催/7月23日開催)にヤフー友澤氏、オイシックス西井氏、Uber Japan 髙橋氏らの登壇決定
マーケティング組織リーダーを招待し、デジタル時代の組織変革を議論

Webのユーザー・インターフェイス改善を簡単に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤憲司、以下Kaizen Platform)は、7月23日開催の「Kaizen Growth Drive 2015」における各プログラムの登壇者を決定いたしました。

本イベントは、デジタル時代に顧客と真剣に向き合い、事業成長を担おうとするマーケティングリーダーたちが、その足がかりを手に入れられる場、同様の意識を持った知己と知り合える場として、高い注目を集めております。開催の目的は、当社のみならず各社が持つマーケティング分野の知見を、業界の発展と課題解決につなげることです。そのため、当社ではこれまでお客様から頻繁に伺ってきた課題である「デジタル時代の優れた顧客体験提供」「そのための組織改革」をテーマに、次世代の経営を担うマーケティングリーダーにとって価値あるイベントとなる講演内容および登壇者候補の選考を進めてまいりました。

当社CEOが登壇する基調講演には、ヤフー株式会社マーケティング コミュニケーション本部長の友澤大輔氏が登壇するほか、有機野菜などの食材宅配の株式会社オイシックスCMO西井敏恭氏、タクシー/ハイヤー配車アプリで世界中の固定観念を揺さぶっているUber の日本代表である髙橋正巳氏らをスピーカーに迎え、企業のマーケティング組織リーダーを対象に、企業と顧客の接点がデジタル化する現代においてマーケティングがどのように変革していくべきかを語っていただきます。

Kaizen Growth Drive 2015 登壇者

(株)オイシックス
西井敏恭氏
ヤフー(株)
友澤大輔氏
ライフネット生命保険(株)
吉見隆史氏
リンナイ(株)
福本啓史氏
(株)アイム
山下省三氏
Uber Japan(株)
髙橋正巳氏
(株)宣伝会議
谷口優氏
Kaizen Platform CEO
須藤憲司
Kaizen Platform
鬼石真裕
Kaizen Platform
村上明英
Kaizen Platform
高橋歩

Kaizen Growth Drive 2015 プログラム

13:35-14:15 特別講演「CMOを日本企業に根付かせるには」

株式会社オイシックス CMO 西井敏恭氏

14:15-15:05 基調講演「最高の顧客体験を提供していくためのマーケティング組織とは?−普遍的な課題に取り組む先進的な事例から学ぶ」

ゲスト: ヤフー株式会社 マーケティング コミュニケーション本部 本部長 友澤大輔氏

Kaizen Platform, Inc. Co-Founder CEO 須藤憲司

15:20-16:20 異業種パネルディスカッション「顧客体験の向上で事業成長を担う、デジタルマーケティングの今とこれから」

株式会社アイム 国際部 ゼネラルマネージャ 山下省三氏

ライフネット生命保険株式会社 お申し込みサポート部 部長 吉見隆史氏

リンナイ株式会社 eビジネス推進室 室長 福本啓史氏

Kaizen Platform, Inc. Head of Customer Success 鬼石真裕

進行: Kaizen Platform, Inc. Kaizen Sales 村上明英

16:10-17:10 参加型セッション「3年後の企業目標から考えるサイトKAIZEN −現状把握から始める明日へのステップ」

Kaizen Platform, Inc. Customer Success Manager 髙橋歩

17:20-18:00特別講演「顧客体験価値と事業創造」

Uber Japan 株式会社 執行役員社長 髙橋正巳氏

聞き手: 株式会社宣伝会議 マーケティング研究室室長兼宣伝会議編集主幹 谷口優氏

Kaizen Growth Drive 2015開催概要

日時
2015年7月23日(木)13:30 ~ 18:00(18:00~ 懇親会)

場所
東京ミッドタウン・ホール(〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1)

対象
事業会社のマーケティング組織長

参加費
無料 (抽選)

会場案内

  • 東京ミッドタウン・ホール
  • 〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1
  • 都営大江戸線、東京メトロ日比谷線「六本木駅」直結
  • 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」より徒歩約3分
  • 東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」より徒歩約10分
  • http://www.tokyo-midtown.com/jp/access/
ニュース一覧へ戻る