ニュース
2016/11/14
Kaizen Platform、Facebook 広告とバナークリエイティブ改善ソリューション Kaizen Ad を連携

Webのユーザー・インタフェース改善を簡単に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤憲司、以下 Kaizen Platform)は、広告クリエイティブを簡単に、継続的に、リーズナブルに改善するKaizen AdとFacebook 広告の連携を開始しました。

Kaizen Adとは

新しいフォーマットが次々に登場し、運用型広告が進化していく中、ネット広告における広告クリエイティブが消費者に飽きられるスピードは年々早くなっています。特にターゲティング技術が発達してきている中で、パフォーマンスの鍵を握る最後の変数は広告のクリエイティブになります。

クリエイティブも含めて運用していく時代において、制作発注、入稿管理、パフォーマンスチューニングまでの一連の業務は非常に手間がかかり、面倒です。これを簡単に、リーズナブルに、スピーディーに改善できるソリューションがKaizen Adです。

Facebook広告のクリエイティブ運用がもっと簡単に

Kaizen Adで多くのデザイナーのアイデアをバナー制作に活用

「Kaizen Platform」に登録している約4,000名(2016年8月現在)のデザイナーを活用することで、様々なアイデアのバナーバリエーションを5営業日で集めることができます。社内、社外での制作では思いつかないようなバナーが多数制作されます。提案された多数のバナーを実際に広告配信することで、これまできなかったバナーバリエーションの検証が可能になります。

手間なくFacebook広告にアップロード

納品されたバナーバリエーションは、Kaizen Adのツール上で管理ができます。配信したいバナーバリエーションを選択して、Facebook広告のツールに簡単な設定で反映ができるため、アップロードの手間がかかりません。

追加のバナーバリエーション発注も簡単

Faebook広告の特徴として、バナーの参照頻度が高いと見飽きられるため、バナーの差替が定期的に必要になります。バナーの差替が必要になったタイミングで手間なく追加の発注が可能です。発注のさいに、パフォーマンスの良いバナーを参考に制作、さらにバリエーションを増やして制作等をデザイナーに指示することが可能です。

対応フォーマット

静的画像広告のみの対応になります。静的画像広告と一緒に表示する、見出し、テキストは、お客様ご自身で作成いただきます。

今後について

現在は、静的画像広告のみの対応となっておりますが、カルーセル、スライドショー、動画フォーマットについても、対応を進めて参ります。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ

MAIL
press@kaizenplatform.com
TEL
03-5909-1151

製品・サービスに関するお問い合わせ

https://ja.kaizen-ad.com

ニュース一覧へ戻る